大切な不動産を守る為供託について紹介します。

大切な不動産を守れ!!弁済代わり!?供託手続きのキホン

不動産の知識については、最近では一般の人のレベルもある程度求められるようになってきています。自分の身を守るために必要という考え方です。専門家に頼りっぱなしと言う状況はあまり良くないという見方をされています。そのため自分で知識を溜め込んでおき、ある程度のことは対応できる必要性というのが出てきているのが現状です。

不動産の知識は複雑になっているものが多くあります。そして不動産の知識の中には、知っていると得をするような知識も多くあります。そのため逆に知っていないと損をしてしまう知識も多く存在します。不動産に関わる時はそれなりに知識を持っておいたほうが良いと考えられます。ただ不動産の知識とはそう簡単に触れられるものではありません。

日常の中で不動産の知識をよく目にするという人はあまりいないでしょう。自分から積極的に見ていく姿勢が大切になっていきます。ここでは不動産を守る一つの手段として存在する、供託について紹介をしていきます。供託というのは債権者に対して大きな効果をもってくるもので、時と場合によって大きな力をもってくれるでしょう。基本的なことから、少し専門的なことまでを説明していきます。

大切な不動産を守れ!!弁済代わり!?供託手続きのキホン

供託の基本ルール

供託の基本ルールを紹介していきたいと思います。

債権者側からの供託手続

債権者からの供託手続きに関して説明をしていきたいと思います。

Category

  • 供託の基本ルール
    • まず供託とは何か
    • 供託の分類
    • 供託できる人と供託先
    • 供託書の作成と提出
    • 供託申請の提示・添付書面
    • 供託受理後の流れ
    • 少し変わっている供託手続
  • 債権者側からの供託手続
    • 供託物払渡請求書の作成と提出
    • 供託物払渡請求の提示・添付書面
    • 払渡しの具体的な手続
    • 弁済供託の種類
    • 供託物払渡請求権の処分
    • 供託物払渡請求権の消滅時効
    • 供託手続書類の閲覧・証明・審査請求